本文へスキップ

北海道むかわ町で農業をはじめませんか

就農までの道のりdistance

むかわ町では、農業者や町・JAむかわなど関係機関が一体となり、相談から農業体験、実践研修、就農までを一貫してサポートします。就農までのおおまかなスケジュールは下の通りです。

STEP1 就農相談(随時)

画像_就農の相談から

電話やメール、ズームを使ったオンライン相談を実施しています。
また、月に1度、日曜日にオンライン見学ツアーを実施しています。
※詳しくはこちら

相談後、むかわ町にお越しいただき、面談・町内見学に進みます。


STEP2 農業体験申込(11月15日まで)

むかわ町での農業体験を希望する方は、期日までに体験の申込を行なってください。
申込後は、受入協議会会員とのマッチングとなり、決定した場合は、12月上旬に受入農家を通知いたします。

※留意事項※
 1.体験の申込をする前には必ず就農相談を行なって下さい。相談がない場合はお受けできません。
 2.マッチングの結果、体験の受入ができない場合があります。詳細については、ご質問下さい。

詳しい申込方法についてはこちらを参照ください。


STEP3 長期農業体験(4月〜 最長3年間)

画像_長期農業体験

むかわ町に移住して、2週間の準備期間を経た後、年間を通じた農業体験に入ります。体験ではありますが、受入農家から173,000円/月の研修手当が支払われます。
住宅は、長期体験者用住宅を用意しています。(家賃:7,000〜8,000円)そのほか、様々なサポートを行っています。


STEP4 実践研修(翌年以降の11月から2年間)

画像_実践研修

独立を目指す方は、研修農場で実践的な研修を行い、就農を目指します。実践研修者の要件を満たした方が、むかわ町地域担い手育成センターの審査の上、実践研修に入ることが出来ます。研修は、地元農業者や農業改良普及センターなどの技術指導を受けながら、農業者と同じように、作付けから管理、収穫出荷まで実践します。
研修中は、100,000円/月の研修助成金の他、売上げに応じた特別研修助成金が交付されます。この間に就農地についても関係機関や地元農業者と協議していきます。

STEP5 独立就農(実践研修が終了した後に)

画像_独立就農

様々な関係機関や農業者のサポートを受けていよいよ独立就農です。
むかわ町の場合、春レタスの作付けから行うため、11月就農が一般的です。
就農はゴールではなく、これからが農業人としてのスタートです。


むかわ町地域担い手育成センター

〒054-0051
北海道勇払郡むかわ町文京2丁目2-1
むかわ町鵡川農業センター内
対応時間 9:00〜17:00
    (12:00〜13:00除く)
休館日 土・日・祝

TEL 0145-42-5588
FAX 0145-42-4235
E-MAIL
mukawa-ninaite@theia.ocn.ne.jp